• HOME
  • 私たちが出来る事
  • 離婚と子供について
  • 離婚とお金について
  • 年金分割
  • 離婚の種類
  • 熟年離婚について
  • お問い合わせ

弁護士に相談して新しい明日を手に入れましょう!

離婚相談…多摩中央法律事務所ができること

離婚相談について、多摩中央法律事務所ができること。

相談

離婚ができるかどうか、その方法は、など離婚そのものについてのご相談に応じることができるのはもちろん、

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費
  • 婚姻費用

…など、離婚や別居に伴って発生しうる様々な問題について、ご相談に応じることができます。

離婚協議書作成

離婚をすることやおおよその条件はお二人の話し合いで固まったという場合、相談とともに離婚協議書を弁護士が作成することができます。
弁護士が作成することで、法的観点から適切な離婚協議書を作成できますから、できる限り後々のトラブルを防ぐことができます。

相手方との交渉

「離婚はしたい… でも、いきなり裁判をするのはちょっと…」
という方には、まず、弁護士が代理人となって、相手方と交渉することができます。
交渉では、離婚するかどうか、だけではなく、慰謝料や財産分与、親権、養育費、婚姻費用などの問題についてもご依頼者様のご意向に沿って、相手方に必要な要求を行ない、交渉していきます。

離婚調停

話し合いでうまくいかない場合や、早く決着をつけたい場合は、離婚調停を申し立てることが一般的です。
調停において、弁護士は、あなたの代理人となり、調停の場での対応や、調停外での交渉を行ないます。
弁護士がついていれば、調停の場の雰囲気に押されて言いたいことを言えなかったり、調停委員の専門用語についていけない、というような問題に悩まされずに済みます。
離婚調停をお考えの方は、ぜひ、弁護士にご依頼ください。

離婚訴訟

調停をやってもまとまらなかった場合は、裁判で離婚を求めることができます。弁護士は、代理人として、ご依頼者様に代わって裁判所に書面を出したり、出廷したりすることができます。
裁判離婚は、民法の要件を満たしていることを裁判所に認めてもらえないとできないので、法律の専門家である弁護士を付けることが望ましいと言えます。
弁護士は、法の要件を満たす事実は何か、熟知していますので、ご依頼者様の場合にそれに当てはまるか、丁寧に聞き取りを行ない、必要な事実の主張をしていきます。

婚姻費用請求の交渉・調停

別居中については、婚姻費用の請求をできる場合があります。これは、簡単にいえば、生活費の請求です。相手方の収入が多かったり、子供を自分のほうで育てている場合など、多額になることもあるので、しっかり請求することをお勧めします。当事務所の弁護士が、交渉や調停の代理人になることができます。

離婚後の問題

離婚後に、取り決めた慰謝料や養育費を払ってもらえない、養育費の額を変更したい、面会交流に応じてもらえない、など問題が生じることがあります。当事務所は離婚後の問題への対応も可能です。


まずは、ご気楽にご相談ください。

*なお、ご相談の内容によっては受任できないケースもあります。このサイトの記載は、必ず相談や依頼に応じることを保証するものではございませんので、その点はご了承ください。受任できるかどうかは、ご相談の結果、判断させていただきますので、まずはご相談ください。