• HOME
  • 私たちが出来る事
  • 離婚と子供について
  • 離婚とお金について
  • 年金分割
  • 離婚の種類
  • 熟年離婚について
  • お問い合わせ

弁護士に相談して新しい明日を手に入れましょう!

慰謝料

離婚の原因となる相手方の何らかの行為によって離婚に至った場合、相手方に対して、精神的に受ける苦痛についての慰謝料を請求することができます。

①前提として…

  • 慰謝料は相手方の有責行為(責められるべき行為)によって受けた精神的苦痛に対するものであるため、
    有責行為がないと請求できません。
  • ただ、仮にどちらかに有責行為があった場合でも、もう一方にも離婚に至った責任が同程度ある場合は、慰謝料請求は認めらない可能性があります。お互いに有責行為があり、一方の責任が重い場合には、その責任の重いほうが慰謝料を支払うことになります。
  • 価値観の違いなど、離婚原因に違法性が認められない場合は、慰謝料の請求は認められません。

② 例えば、このような場合に慰謝料の支払いを求めることができる可能性があります。

  • 不貞行為(いわゆる不倫や浮気)
  • 配偶者に対する暴力行為(DV)
  • 生活費を渡さないなどして配偶者としての義務を果たしていない

など

③ 算定では、主に以下の要素が考慮されます。

  • 離婚原因となった違法行為の責任の程度
  • 精神的苦痛の程度
  • 社会的地位や支払い能力
  • 請求者の経済的自立能力
  • 請求者側の責任の有無や程度
  • 婚姻期間

④ 相場はあるのか?

    平均的には、200万円~300万円と言われています。
    ただし、平均を大きく上回ることもあれば、下回ることもあり、個別の案件によってかなり異なります。