• HOME
  • 私たちが出来る事
  • 離婚と子供について
  • 離婚とお金について
  • 年金分割
  • 離婚の種類
  • 熟年離婚について
  • お問い合わせ

弁護士に相談して新しい明日を手に入れましょう!

年金分割とは

年金分割とは、夫婦が離婚した時に本人同士の合意や、裁判手続きによって厚生年金を分割できる制度のことです。
後述しますが、請求のみにより分割できるケースもあります。
これは、年金は個人のものという考え方が旧来の考えで、以前は、認められていませんでしたが、現在では、老後の生活保障や公平性の観点から、法律が変わりこのような制度となりました。

これは、専業主婦や短時間のパートで働いてきた女性のように、ご自身では厚生年金に入っていなかった場合を想定した場合、離婚すると、老後に自分の国民年金だけで生活していかなければなりませんでしたが、それでは、自分の国民年金だけでは暮らしていける金額でもなく、非常に不利な立場だったといえます。

また、夫が働いて年金保険料を納めることができたのも、妻が支えてきたから、という面もあり、公平さという点からも、妻が一部をもらえるほうが望ましいという考え方が強くなりました。

そこで、結婚している期間に支払った保険料は、夫婦が共同で納めたようなものであると考えて、納付記録を分割し、分割された分を女性も貰うということができる制度が導入されたわけです。
これによって、奥様ご自身としては厚生年金に入っていなかった場合でも、夫の納付記録から分割された分に基づいて、支給されることになり、老後の生活の不安の助けになるようになりました。

ただし、年金分割は、一定の期間内に手続きをする必要があります。それを行なわないと、分割はされませんので、ご注意ください。

*上記は、女性の側が分割請求をする場合を念頭に記載していますが、妻が厚生年金に加入している場合には、夫側から請求するケースも考えられます。

年金分割の制度の概要

・合意分割
・3号分割
があります。

3号分割とは、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間(そのうち3号被保険者であった期間)中の相手方の厚生年金の納付記録を、当事者間で2分の1ずつに、分割する仕組みです。

この制度を利用できる場合は、話し合いや裁判をする必要がないという点でメリットがあります。
3号分割の対象にならない場合や、対象外の期間が含まれている場合は、合意分割による必要があります(合意分割、といっても、当事者同士で合意できない場合は、裁判手続きにより割合を定めることで手続きが可能です)。

合意出来た場合や、裁判で割合を定めた場合でも、その後に行政関係の手続きが必要であることに注意が必要です。


年金分割制度についての注意点

この制度で分割を受けるのは、多くの場合、女性だと思います。

そういう意味では、離婚をする女性にとって、ありがたい制度といえますが、注意すべき点もあります。

年金分割制度の適用の対象になるのは、民間の場合、厚生年金に加入している場合だという点です。
夫が自営業の場合や、被雇用者であっても厚生年金に加入していない場合は、年金分割制度の対象外となってしまいます。